【介護職員初任者研修】取得費用を安くする3つのポイント

安い金額で取得したい!と思う方へ

「介護職員初任者研修」を取得するにあたって、またどういった資格を取るにしても持つ思い。
それは「できるだけ安い金額で資格を取りたい!」といった感情ではないでしょうか。
介護職員初任者研修は人気のある資格であるために、たくさんのスクールから選ぶことができることはうれしいことです。
そんな中でもできるだけ安く取得できる方法。

 

ハローワークからの職業訓練を受ける

こちらの場合は、転職をきっかけに失業保険の給付を受けながら受講することが可能です。
また、雇用保険に入られていない場合は、求職者支援訓練での資格取得も目指すことが可能です。

 

テキスト代は必要となりますが、個人でスクールを受講するよりはお安くなると思います。
どちらの場合も、希望者が多い場合は選考となるため、必ず受けられるものではありませんが、機会を得られた場合は幸運なのではないでしょうか。

 

教育訓練給付金を利用する

こちらは雇用保険の一般被保険者期間の条件がある為確認をすることが必要です。
また受講するスクールが、この訓練の給付対象となる講座かどうかもチェックしておきましょう。

条件に合えば、資格取得にかかった費用の20%を負担してもらうことが可能となります。

 

できるだけお安いスクールを選ぶ

この選択をする方が一番多いと思われますが、この場合はインターネットでお値段を見比べると良いですね。
介護職員初任者研修については、1か月から4か月ぐらいの期間で学べるコースが数多く見られます。

 

 

▼何よりも「安さが一番」!?

 

安さはもちろん大切なことですが、数万円を使って学ぶわけですからしっかりとしたカリキュラムを組まれているスクールを選びたいですね。
インターネットでの各スクールの紹介されているサイトでは、そのスクールならでは特徴を見ることができます。

 

その中では、介護施設への施設実習が無料で受けられるスクールも見られます。
この実習については、義務付けられてはいないため希望者のみになるようですが、介護現場の雰囲気を知る良い機会になるかもしれませんね。

 

全体のお値段をしっかりと見ることはもちろんですが、このようなオプションもチェックするとお得感を得られるのではないでしょうか。

 

 

▼通信と通学のどちらが安い?

 

通学の場合は、交通費が必要となるため、できるだけ近くのスクールを選ぶほうが良いと思われます。
また、自宅学習と、スクーリングでの実技講習を受ける場合でも、15日ほどは通うことになる場合が多いようです。
そうなった場合に負担が大きくならないためには、前もって考えておくほうが良いでしょう。

 

ハローワークからの受講が可能な方は、交通費も支援してもらえる場合があるため、そちらの方もしっかりとチェックしてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ戻る